ユニフォームチェンジ | 制服やユニフォームのファッションとしての効果

ユニフォームチェンジ

意識を変える

ユニフォームや制服を利用している企業や介護などの事業所の中には、当初のデザインから全く変わらないデザインの服を身に付けている事業所や店舗も多いです。
特に介護などを扱う事業所などでは、ユニフォームや制服は使う内に古くなってきます。
管理する上で、状態の悪い制服やユニフォームを選別して適時新しいものに変えていく必要がありますが、思い切って介護ユニフォームをモデルチェンジするのも良い選択だと言えます。
それは、ユニフォームなどが職場や事業所などでもたらすメリットに秘密があります。
新しく介護ユニフォームのデザインを変える事で、モチベーションUPや差別化、新しいイメージ戦略などの効果があるのです。

差別化

制服やユニフォームは顧客や取引先といった対外的な面は元より、身につける人にとっても強い影響をおよぼすものです。
いつも何気なく着ているユニフォームが変わる事で、改めて企業や事業所の一員としての自覚が芽生え、責任ある行動を意識するようになる効果が期待されます。
特に小規模な介護事業所や飲食店などでは、お店に対する誇りなどが強まるきっかけになる事も多いです。

イメージ戦略

ユニフォームを身につける職場環境は医療や介護などの仕事から、オフィスで事務をするパターンなど実に様々です。
それぞれの業務形態にあった服を身につけているのもそうですが、企業や介護事業所といった小さな単位でもオリジナリティの表現が出来ます。
ユニフォームなどがある事によって他社との差別化を計る事が出来ます。

イメージ戦略の一環として、ユニフォームのモデルチェンジを行なう企業や事業所も増えてきています。
企業の規模拡大のタイミングや、介護事業所などの増設に伴ってユニフォームのモデルチェンジをする事で、対外的にも与える印象を効果的に変化させる事が可能となります。