様々な介護服 | 制服やユニフォームのファッションとしての効果

様々な介護服

ケアワーカー

様々な現場でユニフォームは利用されています。
特に医療や介護といった現場で特徴的なのは、同じ事業所内で働くスタッフの中でも、少しだけ異なったデザインを身につける場合があるという事です。
大体は仕事の内容別に分かれています。
同じ事業所に勤めているスタッフでも、行なう作業や業務が全く違うという事は多いです。
制服のデザインを工夫する事で、同じ介護は介護でも、別の仕事をしている人だという事が分かるのです。

ホームヘルパー

施設内での介護を主に行なうケアワーカーのユニフォームは、活動的なスタイルが良いとされています。
利用者を車いすに乗せる動きや、解除しながら歩くなどの動作では、様々な身体の動きがあります。
また、ご飯を食べさせる、レク活動を行なうといった介護の場面の中で、身につけているユニフォームが汚れる事も多いです。
その為、機能性重視の動きやすく、また汚れてもすぐ落ちる素材に人気があります。

ケアマネジャー

ホームヘルパーは訪問介護を行なうスタッフです。
その為、利用者の家族と接する場面や、買い物などを代行で行なう為、外にでる機会も多いです。
動きやすさと機能性はもちろんの事ですが、訪問先でも印象の良いユニフォームスタイルが人気です。
あまり華美なデザインではありませんが、ある程度カラフルな色合いなどが好まれる傾向があります。

ケアマネジャーは、利用者と現場で接する場面も多いですが、役所や家族とのやり取りを行なう場面もあります。
その為、機能性と言うよりは、きちんとした印象のあるユニフォームスタイルが人気です。
シャツタイプやポロシャツタイプなど、襟のあるデザインが多いです。