私服と制服 | 制服やユニフォームのファッションとしての効果

私服と制服

制服やユニフォームは、身につける側にとっては実は便利なものです。
オフィスビジネスなどの現場では、白衣や介護用ユニフォームなど、機能的に規定されている服はありませんが、ある程度のイメージがあります。
男性はスーツを着ていれば問題無いので特に服装で困る事がありませんが、女性はなかなか迷うものです。
自由と言っても、企業のイメージなどもあり、ある程度整ったものである必要があります。
制服があれば、私服は自分の好きなファッションをし、仕事場で着替える事が出来るので、本当に自由におしゃれを楽しめます。
また、着替える事が気持ちの切り替えのスイッチになるので、仕事とプライベートを分けてメリハリよく仕事が出来ます。
このような理由から、最近は逆に制服制、ユニフォーム制を導入する会社なども増えています。

また、制服を身につける事で、役割をハッキリさせる効果もあります。
介護現場などでは、動きやすい服装という事が最優先な為、個人の事業所などではジャージ素材であれば何でも良いという所もあります。
その場合、同じ事業所の介護スタッフであっても別々の衣服を身につける事になります。
そうすると、施設外に出てしまうと一般の人との区別が付きづらく、なかなか面倒な事もあります。
野外で利用者が迷子になってしまった場合などでも、事業所のユニフォームを着ていれば、利用者自身も分かりやすく、また他の人からも判別が付きやすいものです。
それに、利用者の家族と対面する際も、バラバラであるよりは一体感のある同じ介護スタッフのユニフォームを着ている方が印象が良いと言われています。